shapelism  花田設計事務所

秋田市の有限会社花田設計事務所が日常や「ものづくり」の記録をしています。

Formula 1 : Follow F1 Live, with Racing-Live.com
モンツァ イタリアGP

もはや言う事は無い。発表を勝利と共に行なえた事。来期のバトンタッチドライバーが隣に座っていた事。品格とやさしさに溢れた言葉。すべてが胸に刺さる・・・

良いレースだった。

自分が作った皇帝を脅かす為に作った今だ品格に欠けるレーサーを駆るフラビオ・ブリアトーレの表情。
感極まったジャン・トッドの涙。

そして演出?っていう位の絶妙さでヒール(大物)ぶりを見せたアロンソ。

これ以上無いケレンとしてのエンジンブロー(本当にワザとじゃないか?と思った)も含めてすべては皇帝の為のレース。そんな結果を呼び込める事こそが皇帝たる所以なのかもしれない。



あぁシューマッハさん。勝ちまくっていた3、4年前、「レースがつまらない」なんて書いていた自分が恥ずかしい。そんな事を考える程、神懸かり的なレース。

今シーズンはあと一寸ですが、後ろに譲るに当たって、チャンピオンとしての品格とは何か?を青い彼に教えてやってください。

皇帝っていう言い方はずっとイヤだったが、確かに昨日のシューマッハは皇帝だった。感涙・・・

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック