shapelism  花田設計事務所

秋田市の有限会社花田設計事務所が日常や「ものづくり」の記録をしています。

審査の様子
が昨日あった。私は委員として会場にいた訳だが審査員の真剣なやり取りをサポートする役として機能できただろうか?

議論は極めて真剣に行なわれた。審査員の皆様本当に長時間ありがとうございました。

さて知事賞を含め受賞者が決まったのだが、審査員からも問題点が指摘され、今までに改善されてきた問題や今後再度検討するべき問題も浮き彫りになってきた。来年以降の課題である。



審査員の高橋さんが最期に述べたコメントが非常に心に刺さった。現在の住宅産業が抱えている問題点について行政が手をこまねいている訳ではなく、今後矢継ぎ早に問題を提起していく用意がある事・・・
カスタマーの権利を守るという姿勢を強烈に打ち出していく事になるのと同時にかなりの部分が自己責任になると言う事。
建主にとっての福音になるのではないだろうか?

つまりこれが機能すれば、現在横行している様な悲劇は無くなる。と解釈している。同時に無責任な建主という構図も成立しなくなる。(しろうとだから・・・という言い訳も出来なくなる。あたりまえだが)業者にとっても良い。

建て主と施工者、設計者の責任分担が明確になっていくのだろう。説明義務も含め、技術的な要求スキルがあがるのは大歓迎である。建て主は住んでからの楽しい生活だけを考えれば良い。




さてしつこい様だが表彰式とエントリーした作品の展示は10月9日。イオン秋田SCにて行なわれる。因みに本当は7、8日のどちらかでやりたかったのだが、昨日のコメントで判ったのだが某自動車会社のイベントが入っていた様だ。そちらもコチラもよろしくお願いしますw

3連休はイオンで!

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバック一覧

  1. 1. 足の指を開く

    • [慶’s]
    • 2006年10月10日 02:49
    • この記事も見ていたんですけれど、関わることになるとは驚!(笑)。お目にかかれてうれしかったです。また声をかけてくださいね。ありがとうございました。それからまたぜひ飲みましょう。