shapelism  花田設計事務所

秋田市の有限会社花田設計事務所が日常や「ものづくり」の記録をしています。

今日は秋田市の都市計画部長さんと例の杉の件で打ち合わせ。

というか我々が何をしたいか?と言うプレゼンテーションの場を与えてもらった。忙しい所をありがとうございました。

前回の打ち合わせは加藤さんにお任せしてしまったのだが、今日は私が担当。
今回はテーマがハッキリしているのでコンセプトワークは完璧。
自作ながら何故か妙に出来の良いプレゼンボード(ボードに張ってくれたのは加藤さん。ありがとうございます。諸事情によりまだお見せできないのだが)を抱えて市役所に単身乗り込み、我々の想いを余す事無く語りつくす・・・



非常に良い反応を頂いた。

建築は多分に感性の物であり、気分・・・なんていう曖昧な物も大切だけれども今回は「実証実験」と言うのに拘り、尚且つ駅前に相応しいモダンなデザインワークという「理詰め」のコンセプトでかなり「攻め」のデザイン。

概ねご納得いただけた様である。


この実験次第ではもう少し大胆な秋田杉の建築導入へのヒントにもなる。と考えている。まだまだこれからではあるが、何とか成功させたい。

向学的にも結構見ごたえのある物になりそうである。単なる建物への化粧には納まらせない様に腐心した部分には素直に関心してもらった。報われる瞬間である。




コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック