shapelism  花田設計事務所

秋田市の有限会社花田設計事務所が日常や「ものづくり」の記録をしています。

旧鮎川小学校由利本荘市の旧鮎川小学校です。

築130年の木造建築。その佇まいも保存状態も奇跡的です。

廃校になってから学校を愛する(縁もゆかりも無い!)企業の方が保存と有効活用を訴え、それが地元にじっくり浸透し理解され、現在は校舎を核とした交流会が年に数回行われています。

先日その交流会に参加してきました。

建築家協会の人として・・・建築家小林晴樹さんが施設の保存について相談されていた事をもっと大きな運動にする多少の助けに出来る様に10月に仙台で行われる今年の全国大会でシンポジウムを行う事にしています。

なんと司会は私w

まぁともかく交流会は実に楽しい内容でした。7月にも予定しておりましてその際にはシンポジウムのプレフォーラムも予定しています。

とにかく時間軸がゆがむ様な体験が出来ますし、新しい物にばかり価値を求める事に疑問が生じる事でしょう。建築関係者はもちろん、これから施主になろう。住宅を作ろうなんて言う人達も機会があれば一見の価値アリ!です。価値観がグンと広がるのではないでしょうか?


本当に大正〜昭和初期映画のロケとかに使えそうです。映画関係者の皆さん如何ですか?




コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック