shapelism  花田設計事務所

秋田市の有限会社花田設計事務所が日常や「ものづくり」の記録をしています。

酒田から戻りました。ASJアカデミーセミナーに沢山のご来場をいただき感謝いたします。少しでもお役に立ったのであれば幸せです。

私達が設計活動を通して計画時に最近感じている事と水廻り機器という一見全然関係の無いような内容が実は非常に重要な計画の鍵になっているというお話をさせていただきました。こんな切り口もおもしろいと思います。

住宅設計における計画とはただその瞬間だけのモノではなく少なくとも10年後、あるいは贅沢に20年、30年後の未来予見によって計画するべきであり、仮にその予想通りの世の中にならなかった場合のリスクヘッジも可能にする必要性があります。

正直平面計画を要望に沿ってするだけ!ならそんなに難しいわけではありません。プロですから!しかしながらそれにその家族の未来予見を込めてなおかつ現在の家創りの思いを込めるとなると非常にヘヴィーな作業になります。

よく模型まで作ってくれて・・・って言われますが上記に比較すると模型くらいは簡単な事です。もちろん検証にも必要ですし。

今日お話した未来は本当に訪れるのでしょうか?
現在の住宅や環境が抱える様々な問題は実は意外な解決を見るという未来予見のお話もさせていただきました。興味のある方は次回のセミナーにご参加下さい。

アーキテクツ&カフェでも良いですね。参加は要予約です)




イベント情報

ASJ奥州北上スタジオ
第8回建築家展
6月12日(土) ・ 13日(日)






コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック