shapelism  花田設計事務所

秋田市の有限会社花田設計事務所が日常や「ものづくり」の記録をしています。

なんて本がありましたね。

読んだからって勝てる訳じゃないのは戦績を見ればあきらかなのですが、昨日某コンペで弊社が設計者として選出されたとの連絡を頂きました。

実力の拮抗するプロの中で選ばれる事は正直まれ(なにせ最期は一人な訳です)ですし、ほとんど運の様な感じもする訳です。悔しかったりムカついたりも一丁前にしますのでプレゼン終了後は極力忘れる様にしています。

故にこのような連絡を頂くのはウレシイですね。

いつもお話していますが、ここから実際に物件が完成するまでにも障壁は沢山存在します。途中で頓挫する事も無いとはいえませんしね。

建築ってやはり大変な事な訳です。

「簡単ですよ」とか「楽しいですよ」みたいな言い方はキライです。動くお金を考えれば圧倒的に嘘なのも分かるでしょうし、仮初の言葉に気付かない様な生き方を容認するのもキライ。

その頭には「大変ですけれど」がつくのが真実ですし、たとえ嫌われたって私は言い続けなければならない重要な部分だと思います。

高い買い物をなるべく安く買おうってんですから多少の労苦は当たり前でしょう?

閑話休題

杭
floatは杭の施工が終わり、今日は今から基礎の配筋検査。
躯体に関わる微妙な変更が生じていますのでその辺も併せて打ち合わせ予定。
現場で考える事も多いです。

fbh

フォーボックスハウスは上棟しました。2階からの眺めが驚くほどすばらしかったのと仕切りの無い広い空間の持つ快楽性の高さにクラクラしました。

螺旋階段
そして螺旋階段。建て方の一番最初にセットする為、ここだけは限りなく完成系に近いのが可笑しい。鉄骨屋さんの苦労がしのばれます。

集撮影中
そして昨日。ようやくですがカフェバー集の竣工写真撮影。写真の下手な花田が悩んだ挙句今回はプロを投入。

普段は建築写真を撮るカメラマンではないのですがアングルやシャッタースピード。演出に関して一緒に現場でセッションしながら・・・ここまでは私でも出来る部分ですが問題はこの先、撮った写真の精度がすごい!

プロなんだから当然!なのかもしれませんがここが毎回問題でカメラによる奇跡や偶然に期待する花田の撮影法(法じゃねぇよ)とはレヴェルが違います。


その後はキャッスルホテルで忘年会。多忙が重なり一年くらいご無沙汰している会に参加。何故か今年はいろんな所で一緒になるY社のSさん(家倶楽部のサポーターでもある)とつかの間の再会。連日忘年会だそうでそれはそれで大変だよなぁ。と思ってみたり・・・

とりあえず二日酔いです。



コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック