shapelism  花田設計事務所

秋田市の有限会社花田設計事務所が日常や「ものづくり」の記録をしています。


NO_05 コピー


設計する上で大切にしている事はたくさんあるのですが写真にそれを残す事は出来ないものだとずーっと考えていました。写真のアングルと言うのは一点であり、建築の中での人間は頭を動かし目を動かし・・・入ってくる情報と言うのはそのアングルの広さの差に直結しますので伝えたい情報を写真化することは無理だと考えるのは自然なことです。

建築って言うのは多様性の世界ですからそもそも写真にすべてが写るなんて事はあり得ないわけです。だからたくさん撮るんですが一枚一枚の情報量というのは薄いんですね。特に私の撮ったヤツとか・・・



でも出来るんですね。私達が模型を作り設計をし、大工さんに作って貰ったとはいえ監理をして建て主さんと一緒に見たかった姿。(恐らくは)クライアントが共感してくれたであろう部分がすべて詰まった写真は撮れる!

写真家・井上玄さんに送ってもらった写真を見てそんなことを思っています。今・・・

流石とかそんな安っぽい言葉じゃ言い表せませんがフォーボックスハウスが一番フォーボックスハウスらしく写っている一枚を紹介します。








イベント情報

ASJ庄内スタジオ
第9回建築家展
10月9日(日) ・ 10日(月)


ASJ秋田スタジオ
第16回未来をのぞく住宅展
10月22日(土) ・ 23日(日)







コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック