shapelism  花田設計事務所

秋田市の有限会社花田設計事務所が日常や「ものづくり」の記録をしています。

スーパームーン


アトリエ付きの小住宅のアトリウムを空を切り取るという表現で紹介する事が多いのですが伝え辛いのが難点でした。
先日それを端的に分かりやすく表現した写真を撮ることができましたので紹介します。

スーパームーンという事で話題になっていましたが月が一年でもっとも地球に近づく日なんだそうですね。カメラでは中々表現できませんでしたが実際は月が窓一杯に見えて時間を忘れました。

忙しいのに仕事の事も忘れて見入っていた時にふと「あぁこれを撮ってみよう」と思った訳です。

写真を撮った事がある方はご存知でしょうが目で見ている情報とレンズを介した情報はかなり違います。腕の問題なんでしょうが花田の腕ではコレが限界。月光がアトリウムに入射してから約2時間。とても気持ちの良い時間を過ごさせて頂きました。



さて弊社ウェブサイトでは既に紹介しておりますが今年もSAU+の建築作品展を7月の4日から7日までせんだいメディアテークにて行います。今年は相談会のカラーを強めて開催します。家作りのモヤモヤした部分をぜひお持ちになって会場でお会いしましょう。

弊社は現在設計中の物件を中心とした展示を予定しています。

それではまた・・・・






← SAU+建築作品展 東北の住宅が変わる

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック