shapelism  花田設計事務所

秋田市の有限会社花田設計事務所が日常や「ものづくり」の記録をしています。

これは最近私の頭から離れないキーワードであり、端的に現在私達が目指している建築のあり方を表現している良い言葉だと思います。造語です。すみません。

普遍的でありながら今である。一見矛盾をはらんでいるように思いますが間取りだってインテリアだって外観だってここまで工業化された建築の世界の中で個性的で。独創性を感じさせると言うことはコスト管理を無視しなければ成立しない。そしてなんと言っても(仮にコストを無視したとしても)受け取る側(ユーザーやそれを見て評価する側)にその努力やコストが伝える事が出来るのか?非常に難しい部分なんですね。



例えば私達の建築が好きだと言って下さる方に「どこが?」って聞けばこれは単純に理解出来ます。ほとんどの方は「明るい感じが・・・」とか「開放的な感じが・・・」みたいな非常に抽象的な表現しか出来ません。(否定ではありません。いつもありがたく勇気付けられています)

そしてその抽象的な感覚を呼び起こす為の行為がデザインであり、その明るさや開放性を演出する為に私達は一見そこに全然関係ない部分のスタディを山の様に繰り返していたりするのです。

同じ仕上げ材を使っても片や微妙だったりスッキリ見えたりするのはこの辺に答えがあります。デザインの力です。と言い切りますが詳しくは教えませんw

ウソです。モデル化出来るのであればウチだってもっともっと建物を創ることが出来るでしょうし、コストダウンも出来ると思っています。


世に転がる大抵の建築がモタモタ見えるのはデザインと言う行為自体を否定してしまっているのが原因です。デザインと材料選択をゴッチャにして何かを肯定しようとしている気がします。

デザインに対する手間と言うのは見えない分だけ高価に見えます。しかしながら実際時間換算していけば割りの良い仕事ではないのは一回でもデザインと言う行為をした事がある人であれば御理解いただけるかと思います。

まぁその辺を書くと愚痴になっちゃいますし今日のテーマには関係ないので端折ります。





建て主さんは大変です。自分もなってみましたので良く判りますwなんだかんだデザインだとか何だとか言いながらも最終的にはお金に忙殺されて予算内に納める事が最大の目的になります。そう本来はお金はともかく自分達の住みたい家を建てるのが目的なのに。です!それを代行し粘り強く施工者と交渉していく役が私達なのですがこれも端折ります。いつも言っていますしね。



家に関心がなければいざ知らずブツブツ途切れ途切れながらでも要望はある筈でそれは実は住宅業界が仕掛けたトレンドに摩り替わっていきます。

目新しく映りますし良い感じにも見えます。でも陳腐化するのも凄まじく早い。(この段階でそれに気付いているユーザーがどれほどいるのでしょうか?)これは高回転を続ける住宅産業のある種の悪意を感じてしまいます。恐らくは相当優秀な仕掛け人がいるのでしょうね。(悪気があって書いてる訳ではありません。シビアな構造論です)




普遍性からは遠く、一瞬の煌きだけなのがトレンド。結局この辺に気が付き、ビジネスモデルの問題点を理解するのにプロである私達だって相応の時間が掛かっています。

それを半年やそこらで家を創る人達にどうやって理解しろというのでしょうか?逆です。短い時間で決めて前に進ませたいからこそ目を引くトレンドは存在し、金の掛かるデザインと言う行為(人件費)をしない為に素材を売りにする商売で本論から外して自分達の進めやすいステージに連れて行く。
そして最期にはデザイン性の乏しい最新流行の建築が出来上がる・・・これも良いんです。この段階で本人達が満足していれば大した問題だとは考えません。




問題はここからなんですね。そんな産業活動の果てに生み出された住宅達、正直私達が見るとほぼ建築年度を言い当てる事が出来ます。簡単です。トレンドと材料。プラスマイナス2年くらいの精度です。

この二つとデザイン的価値の急激な劣化。そして本当に経年での劣化。建物の価値は年式以上に下がっていく・・・もっともな話だと思いませんか?そしてその陳腐さを大抵の建て主が嘆き始める。スパンの長いトリックや魔法が解けた様な感じです。もちろん遅いですし、まぁ現状住めているのでwなんだか微妙な文句になる・・・

でもその私的財産はある種の公共性を持ちながら陳腐化していく訳です。害悪とは言いません。でも気付いている人はいる・・・

私達が普遍性を建物に求めるのにはその辺が理由になります。せめて30年。ローンを払い終わるまではw
私達的には永遠に・・・・ww
黙っていても経年による劣化は避けられませんが、デザイン的な劣化は防ぐ事が出来る。
その事が前向きなメンテナンスに向かう原動力になって欲しい。恐らくは簡単に建替える事も適わないでしょうし、何よりも創った私達的にはずっとそのままで建ってて欲しいw

その為に私達のスタディは繰り返され、毎回違う建物が産み出されている。敷地が違えば、家族が違えば、好みが違えば同じ家が建つ事自体が奇跡です。




材質の部分をウチのスタイル(ガルバリウムの屋根壁とかね)だと思われている方も多い様ですがあれは普遍性を求めるロジックの組み合わせと今の世の中で私達が使える(使っても良いと思っている)材料が如何に少ないかを物語っているだけなんです。北国である事はそのハードルを更に高くしています。

自分が分かる範囲でモノを判断すると言うのはこの壮大なトレンド材料トリックに相対するには無防備と言わざる負えませんね。産業構造の中に飲み込まれていくだけです。自分の家なのに・・・・

すべてはデザインの話なんですね。普遍的な今をデザインする為に今日もスタディは続いている訳です。

デザインって書くから軽やか過ぎて良くないのかもしれません。
ヴィジュアルももちろんですがロジックだって欠かせないのが今のデザイン。高い買い物に価値を創り出す行為だと自覚しています。

商業レベルで言えば全く馬鹿馬鹿しく、時間の無駄です。でもこれがなければ建築は建たない。経済も(本当は)成り立たない。これだけは確信しています。






20


floating bird cageはいよいよ最終工程。来週のオープンハウスに向けての調整に入りました。このあと施工者の自主検査と設計事務所検査、施主の検査と建築主事の検査。竣工写真の撮影と盛りだくさんではありますが完成が楽しみです。





21-1


これは秋田市内に工事が始まる“囲い庭の庵”と名付けた住宅です。非常にクレバーなクライアントの難解な要求にユニークなアイデアで応える事が出来た単世帯の住宅です。これからここでも順次紹介していく予定ですのでお楽しみにw













fbcoh floating bird cageオープンハウスのご案内

9月7日(土)8日(日) 10:00から17:00まで
(完全予約制。申し込みはASJ秋田スタジオか弊社ウェブ問い合わせフォームにどうぞ)
















コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック