shapelism  花田設計事務所

秋田市の有限会社花田設計事務所が日常や「ものづくり」の記録をしています。

00-1


今日は能代のワカ・オーラルヘルスケアクリニックの現場を早朝(と言っても9時位?)に訪ねて仕上がり具合の確認と悩んでいた色の決定をして午後に青森市で打ち合わせと言う強行スケジュール。時期的に色々詰まって来ていますのでどうしてもこのような無茶なスケジュールになってしまいます。

関係者一同には私のワガママを聞いていただいて感謝いたします。充実感は相当なので私は勝手に満足してしまう訳ですが・・・・

この工事は結果的に施主である先生の引きの強さが呼び込んだ施工チームが担当しています。プロセスとしては弊社標準の業者決定のプロセスである見積もり合わせをして最低金額を御提示いただいた施工者にお願いしたのですがなんと施工チームの関係者(もしくはその御家族)のほとんどが先生の患者さんであったと言う冗談みたいなことになっているんです。

一期一会・・・ちょっと違いますね。とにかく今風に言うと「持っている」先生に色んな人がいつの間にか引き寄せられた結果、非常に高い工事パフォーマンスを展開している現場な訳です。


因みにこれまたまったくの偶然ですがつね歯科クリニックの施工チームとほとんど顔ぶれが一緒だったりもします。まぁこれが恣意的に行われていないと言うのは奇跡としか言い様が無い!




・・・・正直言ってちょっとしたホラーです。非常に不気味で愉快。面白い。



そして引き寄せられた職人さん達はやはりその奇跡を意気に感じて必要以上に頑張っちゃう訳です。施工には一定のクオリティを求めるのは工事監理者としては当然の義務である訳ですが、勝手にクオリティが上がっちゃうのは止めようが無いですし、当然止めるつもりもありません。(コントロールに気を使うだけです)

皆さんの悪乗りが相乗効果を生んでいるので結果問題はありませんでしたが当初はそれが心配だった位です。



さて本体工事はラストスパート。8月からは開院に向けての準備(医院というのは建物が出来ただけでは開院できないのです)がスタートします。

持っている先生とスタッフ達の力で本当の所どこに行っちゃうのよ?っていう逆心配をしたくなりますが、私達にとっても非常に希少な経験になるのは約束されています。

あと少し。設計者としての緊張感を持続させつつ私達もこの奇跡に相乗りさせて楽しんじゃおうと思います。







・・・・・因みにチームで唯一患者じゃないのが弊社だったりします。

そんな弊社を設計者に選んでいただけた事はまた別の奇跡なのかもしれませんね。多謝。




それではまた・・・・・





















コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック