shapelism  花田設計事務所

秋田市の有限会社花田設計事務所が日常や「ものづくり」の記録をしています。

image


川尻の住宅。大工工事は大詰め。

都市型住宅の1つの回答として理想的な形の追求が出来ています。

どこに住むか?は大事ですよね。私達はどこに住むか?からどのように暮らしたいか?にシフトする過程で溢れるモノを大切にしています。

住宅は確かに個人資産ですが建築の持つ公共性を意識していない建築は魅力が乏しい。

魅力が乏しい建築に健やかな生活をおくる機能があるわけもない訳で、近視眼的に機能追求を求める法律のあり方にも相当な問題をはらんでいると感じています。

省エネ住宅について考えはじめて20年近くになります。建物を長く使うことを考えると、手放しで受け入れられない技術も結構あります。日夜性能向上を目指し研究を続けている協力会社もあります。

ようやく省エネ住宅という言葉が根付いてわずかばかり日の目を見、いろいろな形で努力して実現させている仲間達もいます。

それなのに相変わらずキーワードとしての消費に向かう住宅業界。2020年に向けて最期のダッシュなんでしょうが、とても刹那的に見えます。




それではまた…















コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック