shapelism  花田設計事務所

秋田市の有限会社花田設計事務所が日常や「ものづくり」の記録をしています。

御無沙汰しております。


県内某所でプレゼンした時の話。
クライアント的に突飛な内容を提示。

「すごく良いね。こんなのこの辺に建ってない気がする」

「そうですね。でもここまでロジカルに考える必要が無かったのが今までの建築なんですよ。斬新さはともかくロジックに破綻は無いですから快適にご使用いただけます。」


その斬新さ?に湧き上がる不安を口にするクライアントに

「大丈夫ですよ。建築は最短でも30年先くらいの未来予見で計画すべきであり、少なくとも10年後にはこんなんばっかになりますから」と私。


最期に「少なくとも私達はこれからもこんな風にしか建築を創りませんし、これがこの街の1号になるかどうかだけの話ですので心配は要りません。だめ押しすると本質的に我々は創るものに責任を負うのでは無く、創ったものに責任を負う仕事ですのであながち根拠のない話では無いと思います。」と。


・・・御納得いただけました。自意識を解放出来て自由にお話しが出来る方との打ち合わせは楽しいですね。



人口が減ろうが高齢化しようが要は内容だと信じます。100万人切ったから終わった・・・みたいな考え方の人を私はどうしても信用できません。たかだか社会インフラの隅っこでしかない建築ですらまだまだやらなければならない事が山のように残されています。表面上の数字(金)だけを追いかけていても真の幸せからは遠ざかるばかりです。本当は新しい経済理論が必要なんでしょうが私にはわかりませんので語れませんw

とりあえず終わりはまだまだ遠い・・・とだけ!





それではまた・・・










桜の住宅オープンハウス  6/10(土)、11(日)10時〜17時 完全予約制

御予約はinfo@hanada-dp.comまでお願いします。

















コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL